懐かしいアニメブログから、【中古】ミナミの帝王 全巻セット(1-152巻セット・以下続巻)をご紹介!

今回ご紹介するお勧め商品はこちら!
【中古】ミナミの帝王 全巻セット(1-152巻セット・以下続巻)


『難波金融伝・ミナミの帝王』(なんばきんゆうでん(なにわきんゆうでん)・ミナミのていおう)は、原作:天王寺大、作画:郷力也による日本の漫画。『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)にて連載中。通称「ミナミの帝王」「ミナ帝」

原作・原案など 天王寺大
作画 郷力也
出版社 日本文芸社
掲載誌 週刊漫画ゴラク
レーベル ニチブンコミックス
発表号 1992年 - 連載中

原作では、舎弟の坂上竜一とともに萬田金融を開いている。他の舎弟に杉本達也(登場頻度は少ない)、黒崎千里(女性の弟子だが達也と恋仲になり破門)がいる。1話で完結している話もあれば、単行本換算で1冊以上を上回り20話程度で完結する話もある。萬田や坂上以外は毎回、登場人物が異なる。1992年から連載がスタートしており、2009年8月、100巻を達成した。これは日本文芸社発行のコミックとしては史上初である。主役以下、ほとんどの登場人物がかなり誇張された大阪弁を用いる。

あらすじ
幼少時代、非常に裕福な家庭(父親は萬田建設の社長・萬田浩一郎、母親は里子)で育つが、紆余曲折有って、後に貧困地区に堕ちた萬田銀次郎。そこで「長老」をはじめとする住民に政治・経済・礼節等を徹底的に叩きこまれ、その後、金貸しの師匠・矢吹金造に金融のイロハを習い、ミナミのマンションの一室に『萬田金融』(「萬田銀行」と称することもある)を開く。利息はトイチ、「逃げれば地獄まで取り立てに行く」が謳い文句で、法の中と外のボーダーラインで活動しているため、周囲からは「ミナミの鬼」と恐れられる。



この商品について色々調べました。
お値段は税込み価格で、5073円。送料無料!
一番安く購入できるサイトはここだけのようでした。
中古ですが商品の品質は良好。
在庫数は残り1個です。
商品番号 395-0001-13-S-453703744XU-344096
ご購入をされるお客様はお早めに!<(_ _)>



※最新刊153巻が発売されています!
このデータはあくまで152巻までのデータです
予めご了承ください<(_ _)>

もし、153巻までのフルセットで購入をご希望のお客様へ
下に商品リンクを張っておきますのでそちらからご購入をお願いします!
お値段は税込み価格で53680円。
商品は新品に近い状態です!





この記事へのコメント